バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラと私

新着記事(2017.11.8)

吉谷桂子

野村和子

本心を云うと花びらがあまり多くなくゆったりと咲くもの、そしてソフトな色合いのバラが好きです。たとえば「ペネロペ」「アデレード ドルレアン」「サリーホームス」のような・・・
またひそやかに咲く野生種の美しさにも心ひかれます。

続きを読む

バックナンバー

  • 前へ
  • 1

9件中 9件を表示

吉谷桂子

吉谷桂子

イギリスの庭という意を含んだイングリッシュ・ガーデンという観点からみても、バラの咲いていないイングリッシュ・ガーデンというのは、主役のプリマドンナのいないオペラのようだと言われているほどに、バラがあるのか、ないのかで庭のエネルギーや迫力・力強さが大きく変わってしまうように思います。

続きを読む
辻口博啓

辻口博啓

パティシエ、ショコラティエとしてだけではなく、現在、石川県観光大使・三重県観光大使なども務め、スイーツから始まるその世界観を多くの方に届けている辻口博啓シェフ。

続きを読む
上野砂由紀

上野砂由紀

「“北海道の気候に合わせて、植物が育つこと”それこそが、北海道ガーデンそのものだと思うのです。」そのようにお話ししてくださった上野さんは、今まで土地の特性を活かしたガーデン造りに挑戦してきた。そして、北海道ガーデンでのバラはとても重要な位置づけであると語ってくれた。

続きを読む
桂由美

桂由美

京成バラ園ローズガーデンもそのひとつとして認証されている「恋人の聖地」。「恋人の聖地」とは、全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいとして選ばれたロマンティックなスポットのことで、この「恋人の聖地」プロジェクトの選定委員である、ブライダルマザー・桂由美さんをゲストに迎え行われたローズウエディングが今年6月12日、京成バラ園にて開催されました。

続きを読む
寺西菊雄

寺西菊雄

「バラに愛された男」きっと誰もがもう一度、会いたくなる。寺西さんの人柄を表現するのに、この言葉は決して過言ではないはずだ。この世界で知らない人はいないであろう、日本を代表するバラの育種家の一人、寺西菊雄さん。

続きを読む
假屋崎省吾

假屋崎省吾

園芸好きの両親のもとに生まれ、自称「園芸少年」であった假屋崎氏。バラの魅力に気が付いたのは小学生の時であったそうだ。自宅で育てたバラがようやく咲いた時、母親はそのバラを惜しげもなく、学校に持っていくように言われたという。

続きを読む
アラン・メイアン

アラン・メイアン

第13回国際バラとガーデニングショウ(2011年5月11日〜16日/西武ドーム)が開催され、16日には、ローズテラスにて、「伝統から生まれる香りのバラ」と題した、育種家アラン・メイアン氏の講演がありました。講演内容と、講演後の氏に直接インタビューをしたお話をまとめてご紹介します。

続きを読む
デビッド・J・C・オースチン

デビッド・J・C・オースチン

第12回国際バラとガーデニングショウ(2010年5月12日〜17日/西武ドーム)のため来日していたデビッド・J・C・オースチン氏に、お話しをうかがいました。

続きを読む

 

アンプルール・デュ・マロック

河合 伸志 (株式会社ペレニアル 植物開発室長)

祖父や母親の影響で、物心ついたときから植物に囲まれて育った。小学校入学前後には、「'スーパースター'を買ってもらい自分で育てた」というほど、植物が大好きだった河合さん。小学生のとき、近所の人にもらったラベンダー色のバラ'ブルームーン'の色と独特の香りに惹かれ、バラに興味を持つようになる。

続きを読む

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │