バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのコラム

バラ戦争の和解から生まれたヨーク・アンド・ランカスター

ヨーク・アンド・ランカスター
ヨーク・アンド・ランカスター

ダマスク系のバラで、木の様子、葉・花の形はロサ・ダマスケナによく似ています。高さ1.5〜1.7mで枝が垂れることは少ないですが、あまり太くもならず頼りなげな枝ぶりとなります。大きなとげはなく、小さい不規則な刺が散在します。葉は明緑色で丸みがあり、ややまばらに近い葉の数になります。
本種とロサ・ダマスケナとの違いは花色で、ロサ・ダマスケナは明るいピンク色ですが、ヨーク・アンド・ランカスターの場合は白色とピンク色が不規則に混ざり合います。時には白にピンクの筋が入ったり、1花の半分が白、半分がピンクになったり、花全部が白くなったり、ピンクになったりして、斑の入り方が一定していません。
別名はロサ・ダマスケナ・ヴェルシコロール、ヴェルシコロールとは「色が変わる」という意味で、この花色の特徴を表しています。

このバラになぜ「ヨーク・アンド・ランカスター」という名前がついたのでしょうか。
1455年から1485年にかけてイギリスで30年戦争と名付けられた内紛がおきます。外国との戦争ではなくて、元はプランタジネット家からでたランカスター家とヨーク家という兄弟が王位を争った戦いです。最初はランカスター家からヘンリー5世、ヘンリー6世と王がでますが、ヘンリー6世が幼く、長じても子供がいなかったために跡をねらうヨーク家からリチャードが立ち上がります。のちに3世として王位に登るかの有名なリチャードは3男でしたが、自分が王位につくために長兄の子供も殺してしまう、というヨーク家の中でも残虐をつくして王位を奪いますが、ランカスターの血を引くヘンリー・チューダーが立ち上がり、またたく間にリチャ−ド3世を斃してしまいます。リチャードの在位はわずか2年くらいでした。ヘンリー・チューダーはヨーク家のエリザベスを妻に迎え、ここでランカスター家とヨーク家は和解をします。
シェークスピアの一連の歴史シリーズでこのあたりは詳しく描写されていますが、「ヘンリー6世」の中で、ランカスター家を支持する者が赤バラを摘み取り、ヨーク家を支持する者が白バラを摘み取って両家が袂を分かつ、という場面があります。
このためにこの戦争はバラ戦争と呼ばれています。ヘンリー・チューダーはヘンリー7世として即位し、両家の和解の印に赤バラと白バラを重ねた図柄をチューダーローズとしてチューダー王朝の紋章とします。

チューダーローズ
チューダーローズ

チューダー王朝はエリザベス1世で絶えますが、この紋章はいまでもあちこちで使われています。英国王立バラ協会のエンブレムもこのチューダーローズです。
チューダーローズという名前の生きたバラは存在しないと思いますが、このダマスク系のバラがひとつの花に赤色と白色がでる、ということで、その名前がヨーク・アンド・ランカスターとなったものでしょう。
ちなみにランカスター家の赤いバラは‘ロサ・ガリカ・オフィキナリス’ヨーク家の白いバラはロサ・アルバだと言われています。
現在もランカスター市に入る道路際には赤いバラが、ヨーク市の入り口には白いバラが標識のように立てられています。またヨーク市にいくと橋の欄干には白いバラが彫り込まれています。
イギリスのもつ歴史を市民が大切に思っているのが窺われます。

コラム寄稿

野村 和子(のむら かずこ・バラ文化研究所副理事長) 
恵泉女学園短期大学園芸科卒業。
京成バラ園芸・研究所で鈴木省三氏に師事。氏の意志を受け継ぎ、バラ文化研究所を設立。佐倉市に協力して草ぶえの丘バラ園および資料室の管理運営を行う。
著書「オールドローズ花図譜」(小学館)、「オールドローズ」(NHK出版)、「四季の花だより」(千葉市みどりの協会)他。

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │