バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのコラム

太陽王の名を受け継ぐバラ「ルイ14 世」

ルイ14 世
ルイ14 世

前々回にルイ13世の宰相カーディナル・リシュリューの名がついたバラをご紹介しました。これから何回かブルボン王朝に係わる名前のバラをご紹介しましょう。
ルイ13世の後を継ぐのはルイ14世、その名前のバラがあります。深い深い紅色のバラです、黒バラと表現した方がいいかもしれません。
ルイ14世は17世紀から18世紀にかけてフランスに君臨し、ブルボン朝の絶頂期をもたらした王です。そのためでしょうか、「太陽王」とも呼ばれます。
またルイ14世は「朕は国家なり」と言ったことでも知られています。かのベルサイユ宮殿もルイ13世が狩猟用に建てたものを、ルイ14世が宮殿に築き上げたものです。その華麗な宮殿はその後各国の宮殿に模倣されました。が、ベルサイユの建設にお金をかけすぎ、晩年は大変だったようです。
その後王朝はルイ15世から16世に引き継がれ、ルイ16世の王妃がかの名高いマリーアントワネットだったのです。フランス革命によりブルボン朝はルイ16世の代で終わりますが、その華やかさを彷彿させるベルサイユ宮殿は今も当時を忍ばせて公開されています。

ところで、このルイ14世の名のバラ、太陽王と言われるには少し落ち着いた感があります。花色は深い色合い、花弁数もほどほど、花首は少しうなだれ気味、どちらかというと、華やかさよりはシックなイメージが強い花です。ベルサイユ宮殿の主にはもっと派手な色合いと花容の花の方が似合うのでは?と思うこともあるのですが、命名者はルイ14世にどんな思いを寄せてこのバラに名前をつけたのでしょうか。

イギリスのハドスペンガーデンを訪れたとき、オーナーのホープ氏が、私に一輪のルイ14世の花をプレゼントしてくださいました。1年くらいはそのままドライフラワーにして大切にしていました。今はホープ氏もカナダに戻り、ハドスペンから手を引かれたようです。ルイ14世の花をみると脳裏によみがえる思い出です。

コラム寄稿

野村 和子(のむら かずこ・バラ文化研究所副理事長) 
恵泉女学園短期大学園芸科卒業。
京成バラ園芸・研究所で鈴木省三氏に師事。氏の意志を受け継ぎ、バラ文化研究所を設立。佐倉市に協力して草ぶえの丘バラ園および資料室の管理運営を行う。
著書「オールドローズ花図譜」(小学館)、「オールドローズ」(NHK出版)、「四季の花だより」(千葉市みどりの協会)他。

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │