バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのコラム

フランスの最後の君主 ルイフィリップ

ルイフィリップ
ルイフィリップ

シャンボール伯(コント ドゥ シャンボール)がアンリ5世として王位につくことができず、ブルボン王朝がシャルル10世で終わったあと1830年の7月革命で王位についたのは、オルレアン家のルイ・フィリップでした。
オルレアン家はブルボン家の支流ではありましたが、自由主義を学んだこともあり、フランス革命時にはルイ・フィリップは革命側についていました。
その後父が裏切りにあったことにより、スイスへ亡命しましたが、ナポレオンの失脚後、フランスへ戻り、7月革命により、「フランス人の王」として推されて王位につきます。人民の王であることを強調したのですが、結局この政府もブルジョワジーの占有するものであって、本当の意味での人民のものでなかったために、1848年におきた2月革命によって退位し、イギリスへ亡命します。時のビクトリア女王に迎えられますが、2年後イギリスで生涯を終えます。
この2月革命により、フランスは第2共和政が成立し、長く続いたフランスの君主制は終わります。

このフランスの最後の君主であったルイ・フィリップの名がつけられたバラが今回ご紹介するバラです。
系統はチャイナローズ、典型的なチャイナローズの形態をしている真紅のバラで、他のチャイナと同様、花首が細く、うなだれて咲きます。開ききると中心の花弁がやや色あせます。
1834年に作られたということで、現存するオールドローズとしては古いものです。ゲランという人によって作られました。完全な四季咲き性を示します。

コラム寄稿

野村 和子(のむら かずこ・バラ文化研究所副理事長) 
恵泉女学園短期大学園芸科卒業。
京成バラ園芸・研究所で鈴木省三氏に師事。氏の意志を受け継ぎ、バラ文化研究所を設立。佐倉市に協力して草ぶえの丘バラ園および資料室の管理運営を行う。
著書「オールドローズ花図譜」(小学館)、「オールドローズ」(NHK出版)、「四季の花だより」(千葉市みどりの協会)他。

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │