バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのある公園

アカオ ハーブ&ローズガーデン

アカオ ハーブ&ローズガーデン「アカオ ハーブ&ローズガーデン」は20 万坪の起伏豊かな丘陵地に、個性豊かな12 のガーデンを配した“ 花の楽園”。もともとは、錦ヶ浦の自然や植物を守り伝えていくことを目的に、曽我森林自然公園としてスタート、その後、ハーブやバラを主としたテーマガーデンを次々と展開し、今の形となりました。

最大の特徴は、壮大な熱海の海を背景に、名勝「錦ヶ浦」の自然をそのまま生かした地形。ガーデンデザインと植栽計画を手掛けたのは、ランドスケープデザイナーの白砂伸夫氏。雄大な熱海の景観と、あたみ桜や松などの地元の植物、さらに世界中から集められたハーブやバラが溶け合うように調和して、まるで、巨大な芸術作品の中を歩くような気分になります。

アカオ ハーブ&ローズガーデン園内には、専用シャトルバスが走っています。広くて起伏のある園内をまんべんなく効率よくまわりたいなら、まず専用シャトルバスに乗って高台まで上り、散策しながら歩いて下る見学方法がおすすめ。敷地全体が傾斜地になっているので、目の前に、初島、三浦半島や房総半島などが一望でき、見事な眺望と花や緑が織りなす美しい景観は必見。バスの中では園内の見どころ紹介もあります。

 広大な敷地内に点在するガーデンは、合計12個。
風雅な枯山水を中心とした日本庭園「天翔」、桜の記念植樹が行われる「アニバーサリーガーデン」、バラのアーチがロマンチックな「オールドローズガーデン」、英国の伝統が息づく「イングリッシュローズガーデン」、3段の細長いボーダー状になった「シークレットガーデン」。
モダンローズを中心に広がる「バラの谷」を下ると、バラのアーチが見所の「プロポーズガーデン」、結婚のセレモニースペースにもなる「ウェディングガーデン」が。ツルバラがメインの「クライミングローズガーデン」の隣には、オープンしたばかりの「グラスガーデン」、平成23年に改良されるフランスの香りがただよう「バラのお庭」、ハーブ作りが体験できる工房のある「ハーブガーデン」があります。

アカオ ハーブ&ローズガーデンそれぞれが、高いテーマ性を持っているのも魅力。たとえば「アニバーサリーガーデン」では、記念植樹された桜によって、植樹する人・育てる人・見る人が、ふれあいながら絆を感じてほしいという願いが込められています。「プロポーズガーデン」「ウエディングガーデン」は、バラが彩るスペースで、人と人が絆を結ぶ大切な時間を過ごすことができます。バラが満開の季節には、特に、結婚式やパーティの予約や問い合わせが増えるそう。

「オールドローズやイングリッシュローズなど、それぞれの特徴や違いを、可能な限り自然の姿のままで見ていただきたいと考えています。手入れは大変ですが、女性スタッフが愛情と熱意を持って管理しています。」とリゾート事業部の田中宣成さん。

様々な1年草や宿根草を取り入れているため、バラのガーデンも四季を通して楽しめます。ハーブ工房では、香り袋やハーブ石鹸づくりが体験できます。
ハーブやバラの香りを好みで調合して、世界に一つのオリジナルコロンや練香水を作ることもできます。クリスマス前なら、キャンドルやリース作りなど、季節ごとのイベントもいろいろ用意されていて、春夏秋冬いつでもその季節ならでは楽しみ方があります。

アカオ ハーブ&ローズガーデン
「観光名所である熱海の町を、バラで盛り上げていきたい。」と前述の田中さん。「ロケーションは抜群です。東京から新幹線で50分、路線バスもあってアクセスもいいんですよ。」とメディア企画部の井口安里紗さん。熱海の海と空とバラと…熱海の思い出を一層豊かにしてくれる施設です。

アカオ ハーブ&ローズガーデン

静岡県熱海市上多賀1024-1
0557-82-1221

●開園時間:9:00 〜 17:00(入園は16:00 まで)
●休園日:年中無休 (荒天時閉園)
 営業時間は状況により急遽変更する可能性がございます。公園のHPで直接ご確認ください。
●入園料:大人1000 円、小人500 円、幼児無料
 15 名以上は団体割引700 円(4 〜 6 月は800 円)
●アクセス:熱海駅よりタクシー15 分または網代方面行きバスでハーブ& ローズガーデン下車
●駐車場:100 台(無料)
●URL:http://www.garden-akao.com/

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │