バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラの知識

メフメト二世

メフメト二世の肖像画
メフメト二世の肖像画

オスマン帝国のメフメト二世は1492年にコンスタンチノーブルを攻略して東ローマ帝国を滅ぼし、コンスタンチノーブルをイスタンブールと改名し、オスマン帝国の版図を広げた人ですが、その肖像画にはバラを嗅いだものが遺されています。メフメト二世がバラが好きであったのか、オスマン帝国にはバラがたくさんあったのかはさだかではありませんが、興味深い肖像画です。
この他にも中東の遺された絵画にはバラが添えられたものを時折みかけます。

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │